野田双子織研究会

江戸時代から市内野田で生産されていた織物「野田双子織」。たて(経)、よこ(緯)それぞれ2本引き揃えた木綿の糸を使って織られています。
綿織物でありながら絹織物の様な光沢と手触りは、川越商人により江戸で売られ名声を博したと云われます。
私たちは、この伝統的な織物である野田双子織を研究しています。
一緒に活動できる仲間を募集しています。お問い合わせください。