「里山活用術 ~自然の中で学ぼう、育てよう~」が開催されました

里山塾写真1 里山塾写真2 里山塾写真3

平成28年3月26日土曜日、午後1時30分から、イルミン活動室2で、「里山活用塾 ~自然の中で学ぼう、育てよう~」が開催されました。

「子育て家庭支援センター あいくる」で子育て中の若いママさん、加治丘陵で里山保全活動をしている「ぶっし里山会」「金子の森 山桜会」の皆さんなど、14名が参加して活発な意見交換が行われました。

講師は、あいくるスタッフの村野裕子さんで、幼稚園教諭を経て子育て支援にかかわって15年もたつベテランで、子供たちへの優しい目線での経験豊かな話を聞き、”子どもの健やかな成長には、自然体験が必要である”という信念のもと、今後の親子向けの自然体験プログラムへの期待を熱意をもって話されました。その後のワークショップで、参加者全員で具体的なプログラムへの提案がなされました。

これらの成果は、次のようなまちサポの平成28年度の事業計画に反映される予定です。

ふるさとの水と緑を活用した親子体験教室

いるま環境再生の会が発足しました

平成28年2月13日に、新たな市民活動団体「いるま環境再生の会」が誕生しました。

第1回 総会の結果、会則、会長、副会長の選出、その他の会議が活発に行われました。

この会の概要は次の通りです。

自然環境の復元を目指し、会員相互が協力し合い地域の環境再生を具体的に進めながら、身近な自然や環境を大切にする心を育み、環境にやさしいまちを築いていくことを目的に、(1)環境情報の提供や環境学習、(2)環境活動の推進、(3)会員交流や情報交換、(4)その他、必要な事業を行う。会長は川名千鶴子、副会長は幸森康夫、会計は木内勝司、監事に長崎彩子の各氏が選出されました。

会則

IRUMA環境再生の会イメージver2

予告チラシ