イルミン登録団体交流会が開催されました

平成30年7月21日13時30分~15時、イルミン活動室1で、24団体50人ほどが参加して、「えんにち」と銘打った登録団体交流会が開催されました。野村連絡会会長、澤田自治文化課長のあいさつの後、協働事業、アクティブシニア支援事業の説明があり、各団体がブースごとに活動状況などを相互に報告、そのあと、山西さん(加治丘陵山林管理グループ)指導の下に阿波踊りが繰り広げられ、浴衣を着たメンバーの皆さんが彩を添えつつ、盛況のうちに終了しました。

第4回積水ハウス(春)の研修が無事終了しました

平成30年4月19(木)20日(金)の2日間にわたる第4回積水ハウス加治丘陵里山研修プログラムが無事終了しました。研修生18人を対象に、貴重種の調査、貴重種に配慮した下草刈、森の健康診断などのフィールドワーク、積水ハウス5本の木・里山についての座学、山飯・そば打ち体験、グループワークでの研修のまとめと発表と、もりだくさんの中身の濃い研修でした。

研修を支えたのは積水ハウス職員の3名の方と、加治丘陵の自然を見守る会のお二人を含むまちさぽスタッフ総勢18人の皆さんでした。10月には秋バージョンの研修が予定されています。

加治丘陵に新しい遊歩道ができました。

平成30年4月5日(木)10:00~13:00

イルミン登録団体であるNPO法人加治丘陵山林管理グループが新しい遊歩道を整備したということでまちサポサポーター会員と一緒に桜山展望台までの森林浴を楽しんできました。コースは南コースの途中から右折、山の中を下って、上って、北コースに出ます。時間としては20分ぐらいでしょうか。伐採した木の皮をむき、用途に合わせた長さに切り、杭を打ち階段を作り、橋を作り、休憩用のベンチを作り、素晴らしいニューコースが出来上がっていました。今後の市民活動の皆さんの活躍を期待し、市の財産である加治丘陵の活用が広がることを楽しみにしています。