• 市民をつなぐまちづくりの情報満載!

<100人>小林寿美子さん

kobayashisuprofile太極拳やラジオ体操で市民に健康と元気を与えていただいている小林寿美子さんにお聞きしました。

<入間には>

東京都小金井市で生まれ、入間市に越してから12年になります。当地を選んだのは緑が多く自然が豊かで、実家の両親の面倒を見に行く交通の便利さでした。

<ご趣味は>

洋裁、編み物が好きです。祖父が紳士服の縫製をしていましたし、母も洋裁、和裁が得意でしたので、その影響で子供の頃から見よう見まねでお人形さんの洋服を作り始め、高校生になった時には自分の洋服は全て手作りしました。

<活動について>

kobayashisuphoto1ラジオ体操と太極拳の二つの活動で指導を行っています。

① ラジオ体操(ラジオ体操幹部指導者)

郵政省とNHKが協力してラジオ体操普及のために設けた資格です。33年程前に小金井公園のラジオ体操会に参加するようになり、そこで指導者となりその上の幹部指導者になる為の合宿受講をして実技と学科の試験に合格をして資格を取りました。 年中無休会場(365日毎日ラジオ体操をする場所)を作るのも指導者の仕事です。 以前住んでいた国立の公園で年中無休会場を作りました。毎朝自転車にカセットを積んで公園に行き最初は4~5人で始めた公園に8年程かかりましたが目標の100人近く集まるようになった時はとても嬉しかったです! 入間市では毎年、彩の森公園で8月に行われる「集まれ!ラジオ体操」の講師をしています。

kobayashisuphoto2②太極拳(日本武術太極拳連盟公認 3段A級指導員)

ラジオ体操を始めた33年前のほぼ同時期の頃にテレビのコマーシャルで優雅な動きで太極拳をしている綺麗な女性を見て一瞬にして引き込まれました。それから太極拳を習い始め今に至っています。

太極拳は健康の為にとてもよい運動です。下肢の筋肉を鍛え身体の内外のバランス感覚を養いますので、つまずき、転倒などを防止し、長く続ける事により血圧の数値を安定させる作用などもあり、動作を考えながら動きますので認知症の予防にも役立ちます。 ユックリと身体に衝撃を与えずに筋肉を養っていきますので歳を重ねても続けられる運動です。

kobayashisuphoto3太極拳の選手として活躍されてる方も沢山います。 都道府県別の大会がありそこで上位の成績をとれると年に一度の全国大会に出る資格が得られます。私も過去に数回、全国大会に出る事ができ、優勝、準優勝の成績をいただいたことがあります。良い想い出です。 現在の私はスポーツジムの講師をしていると同時に、自己教室を黒須武道館と所沢で開いています。 日本武術太極拳連盟が資格を与える制度があり全国で多数の受験者がいます。 5級から始まって3段まであります。私の教室からも沢山の受験する生徒がいます。

<希望すること>

病気や怪我をしない為に日頃から自分である程度の健康管理を出来たらいいですね。 1日10分でよいですから身体全体を動かして血液の流れをよくして、身体を温めると良いと思います。家に閉じこもらないで外出することも大切だと思います。

<入間市で好きな場所は>

霞川が好きです。駅まで川沿いの道を歩くと季節の草花が咲いていたり春は桜が綺麗で、カワセミや白鷺や野鳥が見られるので、すごく気に入っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください