いるま元気塾・課外授業「入間のまち散歩」

課外授業として、「入間のまち散歩」が10月24日(土)9:00~12:00に予定されています。

入間市駅北口⇒武蔵豊岡教会(ステンドグラスが美しい教会内部を見学)

⇒霞川(川沿いの散歩道を歩き風情のある川の様子を楽しみます)

⇒蓮華院(この辺りには珍しい立派な塀や前庭に囲われた境内を見学)

⇒黒須公民館(トイレ休憩)

⇒旧黒須銀行(埼玉りそな銀行発祥の地・外観のみ見学)

⇒西洋館(石川組製糸により外国商人を招くための迎賓館・一般公開の内部を見学)を巡るなど、入間市の主要な文化財を見て回ります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1.jpg
武蔵豊岡教会
教会内部
蓮華院境内
蓮華院の外回り
旧黒須銀行外観
旧黒須銀行内部
西洋館
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 西洋館内部.jpg
西洋館でのコンサート

いるま元気塾・第1回講座(森永卓郎講演会)は無事終了しました

令和2年10月10日(土)13:30~15:00、イルミン(入間市市民活動センター)活動室1で開催されたいるま元気塾第1回講座/森永卓郎氏講演会~都会田舎(とかいなか)で考えるアクティブライフ~は、総勢50人のコロナ下におけるイルミン活動室1の最大定員で、盛況のうちに無事終了しました。以下、飯塚まりな広報スタッフの報告です。

—————————————————————————————————————————-

こんばんは、まちサポ飯塚です。

今週は暑い日と寒い日が同時にやってくる!?

台風がそこまで大きな影響を与えなくてホッとしたのもつかの間…寒さ到来でしょうか。

イルミンではいるま元気塾を開催!スタートアップにはとうとうあの方が登場しましたよ!!

ジャジャーン!ライザップでダイエット姿を披露した森永卓郎氏!!

すごい!本物だ!

当日は田中市長もお見えになりご挨拶がありました。

元気塾って何?という質問を持つ方もいらっしゃると思うのでここでおさらいします。

まちサポでは3年前より埼玉県の事業としてアクティブシニアを対象に入間市でこれから地域デビューする市民の皆様に向けていろんな講義や企画を行ってまいりました。

昨年は東国原英夫氏が市民会館で講演し大好評でした!覚えていらっしゃいますか?

同じように今年も「アクティブシニア」がテーマ。

3年目を迎える事業も今年で終了です!

今回は入間元気塾という名の塾に参加し塾生として地域デビューのいろはを学び、考え、自分たちのやりたいことや興味の湧くことなどを深掘りします。そこで新しい仲間やアイデアを広げてみてくださいね。

塾の卒業と同時に新しい市民団体を塾生同士で作ったり、または入ってみたい既存団体に所属し活躍するなど、この塾に参加する皆様の今後の活躍に期待しています。

今年は森永卓郎氏がアクティブシニアの送るアクティブライフについてあれもこれもと話してくださいました!

当日は28名の塾生が大集合!

参加する塾生の皆様はとても真剣に聞かれ、時には笑いもありました(^^)

講演会では森永卓郎氏自らライザップのCMについての採用経緯やダイエットを始めた時の食生活や有名女優との共演についての興味深い話が炸裂!

芸能界での立ち振る舞いやギャラのことなど裏話も聞けちゃいました!

アクティブライフについて森永氏はこう言います。

「東京は何もかも便利、あらゆるものに容易に手にすることができます。しかしながら、暮らしの面からは希薄で非人間的な生活、すべてはコンピューターで管理され決して楽しいものとは言えない。一方、東京から離れた田舎の生活は人付き合いに垣根がなく近所の人は家に上がり込んでくる生活を強いられるところもあります。移住する半数は住み続けられないのが現状です。ところが、入間、所沢など圏央道沿いの街は最も住みやすくいわゆる都会田舎(とかいなか)の地域では田舎の生活も堪能でき、心地よいネットワークの形式もできるので東京のような仕事もこなせます。私も農地を借りて営農体験を通して楽しくアクティブに生活をしています。」と語りました。

「なるほど!入間市って住みやすいのね!」と改めて感じますね。

地域デビューのきっかけにはとても面白いユニークな講演会ではなかったでしょうか。

聞いたお話が少しでも参考になれば幸いです。

最後に森永氏と記念撮影を行いました。

この時期でマスク着用なのがなんとも勿体無い…ですが仕方ないですね(::)

コロナ対策を万全にし、今年に入ってから何度も会議して、話し合いを重ねました。

時にぶつかり笑い合い、切磋琢磨してこの日を迎えたまちサポスタッフはここで気を緩めることなく次回の講義のために準備いたします!

皆様のご協力お願いいたします。

次回は第2回11月7日(土)!!

皆様、風邪などひいて参加できないともったいないですので体調万全にしてお越しくださいませ♫

それではまた来月にお待ちしております!


課外授業として、「入間のまち散歩」が10月24日(土)9:00~12:00に予定されています。

入間市駅北口⇒武蔵豊岡教会(ステンドグラスが美しい教会内部を見学)

⇒霞川(川沿いの散歩道を歩き風情のある川の様子を楽しみます)

⇒蓮華院(この辺りには珍しい立派な塀や前庭に囲われた境内を見学)

⇒黒須公民館(トイレ休憩)

⇒旧黒須銀行(埼玉りそな銀行発祥の地・外観のみ見学)

⇒西洋館(石川組製糸により外国商人を招くための迎賓館・一般公開の内部を見学)を巡るなど、入間市の主要な文化財を見て回ります。

いるま元気塾・塾生募集

いるま元気塾・塾生募集

< 入間市在住・在勤の市民の皆様 >

いるま市民ひろばへようこそ!

まちサポ(NPO法人まちづくりサポートネット元気な入間)では、入間市と協働で、いるま元気塾を開催することになりました。この事業は、人生100年時代を迎えて、健康維持、趣味、ボランティア活動など、いつまでも元気で楽しく生きるための工夫を学び、市民の皆様の地域デビューを支援するための講座です。

令和2年10月10日(土)~令和3年1月16日(土)まで全6回の講座があります。対象は入間市在住、在勤の方(原則は全6回の講座に参加出来る方)、費用は全6回の講座で3,000円、定員は40名(先着順)です。奮ってご応募のほどお願い申し上げます。

なお、令和2年9月12日(土)14:00~15:00にイルミン(入間市市民活動センター)にて説明会があります。9月12日の説明会後から募集受付を開始します。受付は、イルミンの窓口でまちサポ事務局(月~金の午前10時30分から午後5時まで)に、申込書に必要事項を記入のうえ、申込みいただきますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 令和2年9月1日 NPO法人まちづくりサポートネット元気な入間 

               代表理事 木内勝司

———————————————————————————————————————–

いるま元気塾の申込書は下記をクリックしてください。

元気塾申込書ver2

募集チラシのダウンロードは下記をクリックしてください。

いるま元気塾チラシ

これまでのいるまアクティブシニア「余生与世(よせよせ)」事業の概要は次の通りです。

2018年度 第1回鳥越俊太郎氏講演会第2回糸で結ぶ入間・川越第3回クローバおじさんのふんわり願うあなたの幸せ

2019年度 第1回東国原英夫氏講演会第2回アクティブシニアでいるために先輩に聞いてみよう第3回定年後につかんだ笑顔の毎日

入間市感染 拡大予防ガイドライン

入間市市民活動センター(イルミン)
感染拡大予防ガイドライン


~イルミンをご利用のみなさまの安全安心のために~
いつもイルミンをご利用いただきありがとうございます。この施設の利用にあたり、新型コロナウイルス感染拡大を予防するため、国の指針及び入間市主催事業等の開催における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(以下「入間市感染拡大予防ガイドライン」という。等を参考に、感染拡大予防対策として、皆さまに実施していただきたい事項を示したものです。
ご利用にあたっては、大変ご不便をおかけしますが、新型コロナウイルス感染症の拡大予防のため、入間市感染拡大予防ガイドライン及び本ガイドラインを遵守していただきますようお願いいたします。


1 感染症対策をお願いします
ご自身と他の利用者・来館者のために、次のことを実施してください。感染予防上、不適切であると認められる場合は利用を中止させていただくことがあります。


(1) 施設利用時には予防対策をお願いします
・施設内では、3密(密閉・密集・密接)を徹底的に排除してください(ただし、介助が必要な方の誘導、介助等を行う場合を除く)。
・入館の際には、手指を消毒してください。
・人と人との距離をできる限り2m(最低1m以上)確保してください。
・咳エチケットの励行、手洗いを徹底し、マスクを着用してください。活動内容によってマスクの着用が適さない場合は、必ず距離を確保してください。
・利用人数は、定員の2分の1以下とし、できる限り最少人数としてください。
 (活動室1・・50人以下、活動室2・3‥15人以下、活動室4・5‥5人以下ミーティングコーナー‥間隔を空け、座席を半数にして利用)
・常に窓を開け換気を行ってください(できる限りドアと合わせ2方向の換気を実施)。
・部屋を利用した後は、床の清掃と接触部分(机、椅子の背もたれ、ドアノブ、電気のスイッチ、清掃用具等)への消毒を実施してください。(消毒用のアルコールはご用意いたします。手荒れが心配な方は手袋をご用意ください)
・部屋を利用する際は、近距離や真正面での会話を避けてください。
・感染予防のため、水分補給以外の飲食はご遠慮ください。


(2) ご自身やご家族の体調を確認してください
・ご自宅で検温し、発熱、嗅覚や味覚の異常、息苦しさや強いだるさ、咳やのどの痛みといった風邪の症状が見られるなど体調不良の方は利用を控えてください。
・過去2週間以内に感染が流行している国や地域等へ訪問した事実がある方は、利用を控えてください。

・同居家族や身近な知人に感染が疑われる人がいる方は、利用を控えてください。
・利用日当日、利用団体の代表者等は、利用者の体調を確認してください。
・帰宅後の急な体調不良は速やかに市民活動センターへ報告してください。


2 以下の点に特にご留意ください
次に記載した活動については、感染リスクが存在する可能性があります。十分に感染拡大予防対策をとったうえでご利用ください。
・近距離や真正面での会話や発声を伴う活動
・体を動かす活動(介護予防運動など
・利用者同士が接触を伴う活動
・飛沫感染リスクの高い活動


3 その他の注意事項
・高齢者や基礎疾患のある方は、感染した場合の重症化リスクが高いことから、より慎重に予防策を取ってください。
・ごみは各自必ず持ち帰ってください(最後の掃き掃除で出たごみは除きます)。
・利用団体の代表者は、感染者が出た場合に追跡を可能とするための措置として、氏名・連絡先の明示をお願いします。また、参加者の名簿を作成し、連絡先を把握しておいてください。なお、名簿は、利用団体で保管してください(提出は不要)。
※クラスターが発生した際、感染経路を特定するため、必要に応じて保健所等の公的機関へ情報提供する場合があります。
・熱中症予防のため、適宜水分補給を行ってください。


4 適用
本ガイドラインについては、令和2年6月22日から適用します。なお、国及び県の対処方針、入間市感染拡大予防ガイドライン等が修正された場合は、その内容を踏まえて適宜見直しを行うものとします。

令和2年6月22日 入間市自治文化課

イルミン(市民活動センター)貸館業務の休止について

                                 令和2年4月22日

               市民活動団体の皆さま

                             入間市自治文化課長

    新型コロナウイルス感染症拡大防止のためのイベント等自粛について(お願い)

国の緊急事態宣言を受け、県から新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、各種団体等の総会をはじめとする様々な集まりの自粛要請がありました。このことから、市民活動団体等の皆さまに総会やイベント等の自粛をお願いするものです。

つきましては、新型コロナウイルス感染拡大が収束するまでの当面の間、予定されているイベント等においては、極力中止・延期の判断をお願いします。
団体の活動に当たっては、以下の対策例を参考にしてください。

  1. 総会などの開催に当たっては、中止や延期、又は会則に定めがある場合には書面での評決などの工夫をお願いします。
  2. 「換気の悪い密閉空間」、「多くの人の密集」、「近距離での会話」の3つの条件が同時に重なるような集まりは避けるよう行動してください。
  3. 風邪の症状がある方の参加を控えてください。
  4. 数名以上の会食で感染が広まった事例も報告されています。集まりの前後の懇親会などは控えてください。なお、自宅などでの開催についても同様に控えてください。
  5. 日常生活においては、手洗い、咳エチケットについて徹底してください。

なお、市民活動センターの貸館業務(活動室、及びミーティングコーナー)も6月30日(火)まで休止いたします。
ご不便をお掛けしますが、趣旨をご理解いただき、ご協力くださいますようお願いいたします。
また、市民活動センターの各相談窓口、ロッカー、印刷機はご利用いただけます(印刷室での作業は出来ません)。

担当:自治文化課 自治振興担当
℡2964-1111(内2142)

ぶっし里山会のチラシ

こんにちは。

まちサポ飯塚です。

加治丘陵ボランティア団体・ぶっし里山会の代表中村さんがコミカフェに来られました。

ご自分で作ったチラシの相談がありましたので、まちサポ代表木内&川名ペアで「もっとこうしたらよくなる!」と案を出しチラシの作成を行いました。

▲黙々と作成中

「高齢化が進んでいるので、新しいメンバーに入ってもらいたいです!」と意気込みを見せる中村さん。

チラシはイルミンの入り口、ミーティングルームにも掲示しています。ぜひごらんください。

 

▲完成したのがこちら!

市民活動センター7「元気通信」34号を発行しました

令和2年2月15日付で、市民活動センター7「元気通信」34号を発行しました。

トピックは「アクティブシニアでいるために先輩に聞いてみよう」パネルディスカッション、「定年後につかんだ笑顔の毎日」講座・ワークショップ、「人生100年時代」出前講座です。そのほか、7イルミン登録団体の紹介として、「いるま学習支援の会」、「入間ゆずり葉の会」、「いちの会」の紹介記事があります。

「おしらせ」として、2/22の団体交流会、3/3の八王子市民活動支援センターの視察研修について、3/18協働事業の報告会について、3/27人財塾の開催について、また、入間市からのお知らせもあります。

ぜひ、一読されるようお願いします。データはこちら NL-34Ver6 

まちサポ・木内勝司